夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

和洋・新古の融合 革新の日本画家 ”速水御舟”

どうもみなさんこんにちは。

篠虫です。

 

 

今回は、日本画家・速水御舟のお話です。

 

 

f:id:aryo643:20181107094232p:plain

『炎舞』部分拡大 1925年

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

略歴

 

f:id:aryo643:20181031232330j:plain

御舟の肖像写真 (撮影年不明)

速水御舟(本名:蒔田栄一)は明治27(1894)年、質屋の蒔田良三郎・いとの次男として、現在の東京都台東区浅草橋一丁目に生まれます。

 

明治35(1902)年、東京市立育英小学校高等科へ入学。

明治41(1908)年に同校を卒業した後、当時から持っていた絵への興味から、近所に住んでいた容斎派の画家・松本楓湖が営む安雅堂画塾に入門します。

 

松本楓湖(まつもと ふうこ)は、幕末から大正期にかけて活躍した日本画家。菊池容斎の門人で主に歴史画を得意とした。自身が開いた安雅堂画塾は、本人は指導法について不干渉の放任主義と述べているが、初心者には手厚く指導し、楓湖や容斎が模写した古名画を手本として模写を推奨していた。輩出した門人は300人を越えるとも言われる。

 

実は御舟が自宅の襖に描いた群鶏をみた楓湖の執事が、その巧さから画家になることを勧めたことが入塾のきっかけでした。

ここで御舟は中国絵画や琳派の粉本(手本)を模写していきました。

 

 

明治42(1909)年、楓湖から禾湖(かこ)の号を与えられます。入塾当初から御舟の才に気付いていた楓湖は、模写をさせるときも御舟には良い粉本を優先して模写させるように指示していたようです。

同年、母方の祖母である速水キクの養子となります。

 

明治43(1910)年には、巽画会展に『小春』、烏合会展に『楽人』を蒔田禾湖の名で出品。これが初めての展覧会出品となりました。

 

 

明治44(1911)年、巽画会展に『室寿の讌』(むろほぎのえん)を出品。一等褒状となり宮内省買い上げの栄誉を受けます。同年、同門の今村紫紅に従い紅児会に入会。その後、御舟は紫紅から多大な影響を受けました。

 

今村紫紅(いまむら しこう)は35才で夭折した日本画家。大和絵の伝統技法・南画の筆致・後期印象派的な点描と色彩の対比を融合させた紫紅独自のスタイルを確立。新時代の日本画の道を切り開いた。

 

 

大正2(1913)年、紅児会が解散。その後活動の場を再興日本美術院展(=院展)に移します。

この年、巽画会展に出品した『萌芽』を、実業家で美術品のコレクター・芸術家のパトロンとして知られる原富太郎(三渓)が購入したことで、以後、原は御舟の最大の支援者になります。

 

大正3(1914年)、姓を養子先の速水とし、号を御舟に改めて名乗り始めます。

同年、今村紫紅を中心とした赤曜会を結成。紫紅が死去する大正5(1916)年まで活動します。

 

大正6(1917)年の第4回院展に『洛外六題』を出品したところ、横山大観下村観山らに絶賛され、川端龍子と共に日本美術院の同人に推薦されます。

 

日本美術院の”同人”とは院内の序列の一つを指す言葉です。

低いものから順に、

一般

研究会員

院友

特待

招待

同人

となっており、同人は審査を経ずに院展に出品できる資格です。しかし、描くが上がれば上がるほどたゆまぬ努力が必要であり、同人は特別な理由が無い限り、毎回必ず出品しなければならない地位でもあります。

 

大正8(1919)年、浅草駒形にて、線路に下駄が挟まり市電に轢かれたことで左足を切断という不慮の事故に遭ってしまいます。

しかし、画業には全く影響せずこれまで通りの活動を続けました。

 

 

大正10(1921)年、年上の友人で後援者の資産家・吉田幸三郎の妹と結婚します。

 

 

大正14(1925)年、軽井沢に滞在中、代表作の1つ炎舞を完成させる。

 

 

昭和4(1929)年の第16回院展に『名樹散椿』を出品。

翌年に、イタリア政府主催・大倉喜七郎男爵後援のローマ日本美術展覧会の美術使節として横山大観夫妻らと共に渡欧。ヨーロッパ各地およびエジプトの美術を見て回り、中でも御舟はジョットエル・グレコに魅了されました。

 

ジョットは中世後期のイタリア人画家。後期ゴシックに分類され、西洋絵画に現実的、三次元的な空間表現や人物の自然な感情表現をもたらした。そのためイタリア・ルネサンスの先駆者とも言われ、「西洋絵画の父」と称される。

代表作はスクロヴェーニ礼拝堂の装飾画。

f:id:aryo643:20181107112012j:plain

『ユダの接吻』フレスコ画 1305年 スクロヴェーニ礼拝堂

 

 エル・グレコギリシアクレタ島出身の画家。マニエリスム後期の巨匠とされ、同時代の他画家や後世の画家と比較しても奇抜な表現で知られている。

f:id:aryo643:20181107112029j:plain

『受胎告知(托身)』 1596-1600年頃 プラド美術館


 

 

日本に帰国後、より一層画業に打ち込むことになります。

常に新しい表現を模索し続け、多くの美術家から将来の日本画壇をになう人材と嘱望されていましたが、昭和10(1935)年3月20日チフスにより急逝。まだ40歳でした。

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

エピソード

  • 1918年(大正7年)頃の作品には、青を基調とした作品が多い。御舟はこの頃の自分を「群青中毒にかかった」という言葉で表現している。
  • 関東大震災では多くの美術品も犠牲になったが、御舟の作品も例外ではない。横山大観らに激賞された『洛外六題』をはじめ、初期の傑作の多くが関東大震災によって遺失した
  • 御舟の早世は多くの美術家に惜しまれ、横山大観「速水君の死は、日本の為に大きな損失である」と述べている。
  • 御舟は画商から金を積まれても自分にモチベーションが出ない限り、絵を描かなかったそんな御舟に画商は「蟻一匹でもいいから描いてくれ」と必死に頼み込み、やむなく御舟は大きなキャンバスに小さい蟻の絵を描いた。
  • 御舟の落款は中国北宋の皇帝徽宗痩金体に倣ったとされる。北大路魯山人は御舟に「君は絵はうまいが字は下手だ」と言った。
  • 「御舟」の号の由来は、俵屋宗達の『源氏物語澪標関屋図屏風』(六曲一双、国宝)の見事さに感心し、その屏風に描かれた金銀の波上に浮かぶ「御舟」(貴人の乗る舟)からとったもの

(引用元:速水御舟 - Wikipedia)

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

作品

御舟の日本画は、初期は「新南画」と呼ばれた今村紫紅の影響を多く受けた南画的な作風で知られ、その後は徹底した写実に移行します。

西洋絵画の技法を取り入れ、俵屋宗達尾形光琳琳派を研究し、装飾性や画面構成を重視しました。1つの様式にこだわることなく40歳で亡くなるまで試行錯誤を繰り返し、独自の作風を創り上げました。

 

 

 

御舟の作品は、40歳の若さで亡くなったことや生来の寡黙な性格、関東大震災による焼失、そして本人が気に入らない絵や下絵を破棄したことが原因で、現存数は600点ほどと言われています。

そのうち、約120点は東京都渋谷区にある山種美術館が所蔵しており、日本一の御舟コレクションとなっています。

 

 

 

ここからは数が少ないですが、御舟の作品を見ていきましょう。

 

 

 

 

f:id:aryo643:20181031231425p:plain

『新緑』125.0×81.0cm 1915年 足立美術館

 

第2回赤曜会展に出品された作品。

御舟21歳の絵で、初期の南画風の色の塗り方や柔らかい筆致が見て取れる。

 

新緑の季節、山々に広がる若葉の群れが画面いっぱいに爽やかさを生み出す。御舟の絵画の特徴がすでに見られる作品です。

 

 

 

 

f:id:aryo643:20181031231257p:plain

『夏の丹波路』絹本彩色 1幅 138.8×49.8cm 1915年 埼玉近代美術館蔵

画題・画風・筆致のどれもが南画の表現と同じ作品。

御舟の初期の作品であることがよくわかる典型です。

 

過去の南画家とは異なる近代的な手法の中で表現を模索していることは、江戸・明治の南画家の作品と比較してみるとよくわかります。

 

f:id:aryo643:20181107133202j:plain

池大雅 筆『春の釣り(Fishing in Springtime)』絹本着色 1747年 クリーブランド美術館蔵

 

南画 - Wikipedia

 

 

 

 

f:id:aryo643:20181031231358p:plain

『寺の径』128.8×41.5cm 1918年 三渓園


綺麗な青緑色で描かれた草と松が明るい印象を与える作品。

影響を受けた今村紫紅ゆずりの南画風はまだ強く残っているものの、筆遣いの丁寧さはさらに磨きがかかり、後の精密な写実表現への足がかりになっている。

 

個人的には、(南画ではありませんが)どことなく東山魁夷のつくる画面に雰囲気が似ていると思う1枚。

 

 

 

f:id:aryo643:20181031231157p:plain

『茶碗と果実』 27×24cm 1921年 東京国立近代美術館

御舟の写実表現が確立し始めた頃の作品。

 

西洋絵画の遠近感・立体表現が組み込まれたこと、そして緻密な描写によってものが浮かんで見えます。

 

30×30cmにも満たない大きさだとは思えないほどの描き込まれ具合です。

 

 

 

 

f:id:aryo643:20181031231218p:plain

『桃花』紙本金地彩色 1幅 19.8×19.5cm 1923年 山種美術館

 

さきほどの絵よりもさらに小さい作品。

 

しかし、その花と枝の質感は紙に直接押し花をしたかのように現実的で、それでいていつまでも枯れず鮮やかさを保っています。

 

花片、蕾、樹皮の細かな色の塗り分けは御舟が本物の桃の花を丹念に観察・写生したことを物語っています。

 

 

 

 

f:id:aryo643:20181031230959p:plain

『炎舞』絹本彩色 額(1面) 120.3×53.8cm 1925年 山種美術館蔵 重要文化財

昭和期の作品としては初の重要文化財に指定された御舟の代表作の1つ。

また私の好きな日本画トップ5に入る作品でもあります(^_^;)

 

天高くまで燃え上がるたき火の周りには暗闇から灯りに誘われてやってきた何匹もの蛾が舞っています。

 

 

この絵は、御舟が大正14(1925)年の7月から9月にかけて約3ヶ月間家族と共に過ごした軽井沢での取材が元になっています。

毎晩、たき火をして飛んできた蛾を写生し、採取した蛾を部屋の中でも写生しました。

 

背景の闇は黒に朱を混ぜ、礬水(どうさ)を引かずに絵具が絹面ににじむようにして描いたもので、単なる黒ではない深い闇を表現しています。御舟はこの背景について「もう一度描けと言われても二度とは出せない色」だと、義兄の吉田幸三郎に語っています。

また、生物に造詣の深い昭和天皇は、この画を見て「蛾の眼が生きているね」と言いました。

(引用元:速水御舟 - Wikipedia)

 

蛾は全て羽を広げた背中の部分をこちら側に見せていますが、しっかりと宙を飛び交っている様子が伝わってきます。

 

f:id:aryo643:20181107094232p:plain

『炎舞』(部分拡大)

 

 

炎は伝統的な表現から影響を受けていると言われていて、過去の絵巻物などにその表現を見ることができます。

 

f:id:aryo643:20181107141433j:plain

常磐源二光長?筆『伴大納言絵巻』(上巻部分)「応天門炎上」 1177年 出光美術館

 

f:id:aryo643:20181107141449j:plain

左:『伴大納言絵巻』(応天門炎上 部分拡大) 右:『炎舞』(部分拡大)

 

 

 

 

f:id:aryo643:20181031231318p:plain

「昆虫二題」うち『粧蛾舞戯』絹本彩色 1926年

 

f:id:aryo643:20181031231343p:plain

「昆虫二題」うち『葉蔭魔手』絹本彩色 1926年

 

『炎舞』に続く昆虫を課題にした作品。

 

『粧蛾舞戯』は『炎舞』と同じく光に集まる蛾を描いた作品ですが、対照的に横長の画面で炎ではなく渦状の灯りにより多くの蛾が集まってきています。

 

 

『葉蔭魔手』は正確には虫ではありませんが、蜘蛛が描かれています。

恐らくメスのジョロウグモ(もしくはナガコガネグモとか?)がモデルで、大きく張られた蜘蛛の巣が印象的です。繊細な蜘蛛の糸が御舟得意の精緻な筆致で描かれまるで霧のようにも見えます。

 

 

 

『炎舞』と『粧蛾舞戯』については後日、別記事を執筆予定なのでお楽しみに!

 

 

 

 

f:id:aryo643:20181031225026p:plain

『翠苔緑芝』紙本金地彩色 4曲1双 172.7×363.5cm 1928年 山種美術館

 

大きな屏風作品。

 

全面が金地になっていて、左隻はアジサイと白兎、右隻は青桐と琵琶に黒猫を描く。装飾的構成と単純化されたモチーフの形態には琳派や西洋画の影響が指摘されています。

この時期の特徴的な作品ですね。

 

 

 

f:id:aryo643:20181031184553p:plain

『翠苔緑芝』 左隻

 

f:id:aryo643:20181031184259p:plain

『翠苔緑芝』 右隻

 

 

 

 

f:id:aryo643:20181031231227j:plain

『名樹散椿』紙本金地彩色 2曲1双 167.9×169.6cm 1929年 山種美術館蔵 重要文化財

『炎舞』と同時に重要文化財指定された御舟の代表作。

 

この絵も、特に幹や枝の部分に西洋絵画(キュビスム)的な表現が指摘されています。

 

平面的な表現の樹本体に対して、葉と花は優雅できらびやかな装飾性と持ち味の写実性を活かした表現となっています。

 

背景は金箔や金泥ではなく「撒きつぶし」という技法によるもので、金砂子(金の細粉)を一面に蒔いて作ることで、さらっとした平面的な金地になります。

 

 

 

 

f:id:aryo643:20181031231242p:plain

『牡丹花(墨牡丹)』紙本墨画彩色 1幅 43.5×58.7㎝ 1934年 山種美術館

今回紹介する最後の作品。

 

見た目派手な屏風作品の後だと一層質素な絵に感じますね。

 

墨のにじみ表現と緑青だけで真っ黒な牡丹と薄緑の葉と茎を表現しきっている。

画題やベースとなる技法は伝統的ながらも、墨の活かし方が先人達とは一線を画する技巧を凝らしています。

 

 

 

 

決まったスタイルという安定を求めず、常時新たな表現を探して一生を駆け抜けた御舟。

彼がもしもあと10年、いや5年でも長く生きていたのなら日本画」という芸術はさらなる発展を遂げていたかも知れません。

 

 

 

 

 

参考文献、写真・文引用元

速水御舟 - Wikipedia

 

www.adachi-museum.or.jp

 

作品紹介 - 山種美術館

 

artsandculture.google.com

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

さて、いかがだったでしょうか?

 

なかなか作品画像が見当たらず、その分、解説等で少しでもわかりやすくしようと工夫をしてみたつもりですが・・・(^_^;)

 

 

私も御舟を見習って、試行錯誤しながらブログを書いていこうと思います!

 

 

 

それではまた!

(。・_・)ノ

 

 

 

 

 

 

速水御舟―日本画を「破壊」する (別冊太陽 日本のこころ 161)

速水御舟―日本画を「破壊」する (別冊太陽 日本のこころ 161)

 

 

 

絵画の真生命―速水御舟画論

絵画の真生命―速水御舟画論