夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

久々に本を購入… ジャンルは「昆虫」と「美術」!

どうもみなさんこんにちは。

篠虫です。

 

 

昨日、楽天Booksで人生2度目の本の購入をしました。

 

Amazon以外で通販の利用経験がほとんど無かったので、注文確認の時は何度も何度も確認してしまいました(~_~;)

 

 

購入金額上限も決めていたので、以前から目をつけていた個人的「欲しい本」リスト内から悩みに悩んで2冊に決定しました!

 

 

 

 

 

その2冊はこちら!

 

 

 

 

『蜂と蟻に刺されてみた―「痛さ」からわかった毒針昆虫のヒミツ』 

蜂と蟻に刺されてみた―「痛さ」からわかった毒針昆虫のヒミツ

蜂と蟻に刺されてみた―「痛さ」からわかった毒針昆虫のヒミツ

 

 

 

『CONQUEST 征服―クリス・ククシ作品集―』 

CONQUEST 征服 ─クリス・ククシ作品集─

CONQUEST 征服 ─クリス・ククシ作品集─

 

 

 

 

自分色の濃い選択だと自覚しています(^_^;)

 

 

蜂と蟻の本は、少し前に本屋で見かけてちょっと興味のあった本です。

著者のシュミット氏は自らを実験体として100種以上の昆虫に1000回以上刺されることで、虫刺されの「痛み」指数を「シュミット指数」として確立、2015年には変わった研究を表彰するイグ・ノーベル賞を受賞しています。

 

著者のことはメディアで紹介されていたことをきっかけに知ってはいたので、その貴重な経験をまとめた本書も読んでみたいと思い選びました。

 

 

 

クリス・ククシアメリカのアーティストで、個性的な立体造形作品で世界中に知られています。

様々なパーツのアッサンブラージュで造形する、バロック、ゴシック・シュルレアリスムサイケデリックな精神世界を織りなした異形の神話世界。伝説や遠い記憶を包括し、時の流れとともに語り継がれる物語。
クリス・ククシの作品には、灰色のモノクロームを土台に、血のような赤さび色、ライトブルー、ビリジアングリーンでいろどられる古代が息づいている。(Amazon商品紹介文より)

彼の作品集は、1年前の発売当初から欲しいなーって思い続けて手に入れていなかった本なので待ち遠しいです。

 

 

 

 

いやー新しい本を手に入れた時のこのわくわく感は楽しいですね(笑)

また届いて読み終わったら感想記事でも書くかも?

 

 

 

 

でも、まだ読めていない本が手元に何冊もあるのはここだけの話・・・・

 

 

 

それではまた!

(。・_・)ノ