夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

生命誕生・進化のシミュレーションができる! 「ライフゲーム」の不思議な魅力

どうもみなさんこんにちは。

自分の理解力が足りていないと記事にするのに一苦労…

篠虫です。

 

 

今回は、誰でも簡単に生命の誕生・進化を体感できるゲームの話です。

 

 

f:id:aryo643:20180924132405p:plain

”グライダー・ガン” ”グライダー”を打ち出す形

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

生物はどのようにして誕生し、進化していったのか。

 

西洋諸国では昔から聖書を元にした創造論が支持されていましたが、ダーウィンが打ち出した進化論がそれまでの考え方をひっくり返しました。

 

しかし、ダーウィンの進化論だけでは説明のつかない生物の進化もあります。

 

そして生命の誕生について、私たち人類はいまだ100%の答えを出せてはいないのです・・・

 

 

 

そんな大きな謎「生命の誕生」と「進化」について、簡単にシミュレーションができるゲームが存在します!

 

その名も、

 

Life Game=ライフゲーム

 

 

 

このゲームは

1970年にイギリスの数学者ジョン・ホートン・コンウェイが考案した生命の誕生、進化、淘汰などのプロセスを簡易的なモデルで再現したシミュレーションゲームである。単純なルールでその模様の変化を楽しめるため、パズルの要素を持っている。 

ライフゲーム - Wikipedia

 

本当はより複雑で詳しい説明があると良いのですが、ちょっと自分自身が数学系が苦手なもので完全に理解ができなかったので、見たい人はWikiを参照してください。

 

 

さて、ライフゲームとは一体どんなゲームなのか、言葉だけではわかりづらいと思うのでルールについて図を用いながら説明しましょう!

 

 

 

ルール

細かいマス目が形作られたステージ上で行ないます。

 

マス目はセル=細胞と呼ばれ、このセル1つ1つに「生」と「死」という2つの状態が存在します。

1つのセルには隣接するセルが8つがあり、そのセルの状態によって生死が変化します。

 

 

セルの生死には以下のようなルールが存在します。

生きているセルは■、死んでいるセルは□

 

 

 誕生

死んでいるセルに隣接する生きたセルがちょうど3つあれば、次の世代が誕生する。

f:id:aryo643:20180919112000p:plain

誕生

 

 生存(維持)

生きているセルに隣接する生きたセルが2つか3つならば、次の世代でも生存する。

f:id:aryo643:20180919112007p:plain

生存(維持)

 死滅(過疎)

生きているセルに隣接する生きたセルが1つ以下ならば、過疎により死滅する。

f:id:aryo643:20180919112005p:plain

死滅(過疎)

 

 死滅(過密)

生きているセルに隣接する生きたセルが4つ以上ならば、過密により死滅する。

f:id:aryo643:20180919112003p:plain

死滅(過密)

 

 

セルの数や隣接したときの形態によって、いくつかのパターンに分けることもできます。

 

 

  1. 固定物体は世代が進んでも同じ場所で形が変わらないものを指す。

    f:id:aryo643:20180919112520p:plain

    ボート

    f:id:aryo643:20180919112512p:plain

    蜂の巣
  2. 振動子はある周期で同じ図形に戻るものを指す。

    f:id:aryo643:20180919112019g:plain

    ブリンカー

    f:id:aryo643:20180919112018g:plain

    ヒキガエル

    f:id:aryo643:20180919112026g:plain

    時計

    f:id:aryo643:20180919112013g:plain

    パルサー

    f:id:aryo643:20180919111957g:plain

    銀河

    f:id:aryo643:20180919111012g:plain

    ペンタデカスロン


  3. 移動物体は一定のパターンを繰り返しながら移動していくものを指す。

    f:id:aryo643:20180924135557p:plain

    グライダー

    f:id:aryo643:20180924135616p:plain

    軽量級宇宙船


  4. 繁殖型はマス目が無限であれば無限に増え続けるパターンである。

    f:id:aryo643:20180919112010g:plain

    ゴスパーのグライダー銃。30世代毎にグライダーを打ち出す。

ライフゲームの物体一覧 - Wikipedia

 

 

 

原始生物よりもさらに単純な、あくまでもPC上のセルですがたくさんの形を作り出しては消えてを繰り返す様は正に生命に近いと言えます。

 

 

 

ライフゲームを体験できるサイトがあるので、

ためしに私もいくつか(適当に)形を作って動かしてみました!

 

 

f:id:aryo643:20180924140507p:plain

最初の形 一番左上は周期的に変化する”ネブラ” その右もネブラ あとはなんとなくで作成

 

f:id:aryo643:20180924140510p:plain

 

f:id:aryo643:20180924140513p:plain

だいぶ形に変化が



f:id:aryo643:20180924140516p:plain

すでに原型はほとんどなくなっている

 

f:id:aryo643:20180924140518p:plain

変化が少なくなり、固定物体とブリンカーだけになっていく。

 

 

それからしばらく放置して、完全に動きが止ったのがこちら。

f:id:aryo643:20180924140505p:plain

最終形 固定物体とブリンカーのみになってしまいました。

 

固定物体のブロック蜂の巣、そして唯一の振動子・ブリンカーだけになりました。

 

 

 

セルに数や形が多くあれば、それに比例して変化も多くなり、移動可能な物体にも成長します。するとまた別の物体と出会い変化をして・・・

 

もちろんこのライフゲームで実行できるのは、ただ増えることのみのセルの塊を動かすだけですが、現実世界でのウイルスや微生物の生活サイクルにも通じるものがあるのではないでしょうか?

 

 

単純な繰り返しが、我々の暮らす地球上でもゆっくりとしたペースで、何度も何度も行なわれてきた生命の誕生と進化の仕組みなのではないかと思います。

 

 

 

 

一度やり始めるといろんな形を生み出したくなるライフゲーム

下のリンクのサイトでプレイできるので、興味のある人はぜひ一度体験してみてください!

 

Life Game

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

 

これまでにないタイプの紹介記事でしたが、なかなか書くのが大変でした。。。

私自身の知識のみで100%説明ができるコンテンツは当然存在しませんが、それにしても今回は理解するのが大変でした(~_~;)

 

もう少し数学脳になりたい…

 

 

 

それではまた!

(。・_・)ノ

 

 

 

 

ライフゲイムの宇宙

ライフゲイムの宇宙

 

 

 

人工生命入門―ライフゲームから人工細菌まで 夢の最先端分野がわかる! (I・O BOOKS)

人工生命入門―ライフゲームから人工細菌まで 夢の最先端分野がわかる! (I・O BOOKS)