夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

”広く浅く”か”狭く深く”か 知識・技術・経験の幅は”広く深く”はできない…?

どうも皆さんこんにちは。

今日も再び雑記になります。。。

篠虫です。

 

 

最近よく思うこと、私のように、あるいはそれ以上にあれもこれも興味を持って関連書籍を読んだり技術を学んだりしても、その深度や練度には必ず限界が出てきますよね。

 

私は広く浅くをモットーにしているんですが、それすらできてません(;´Д`)

 

このブログのカテゴリーもまあ、雑多ではあるものの雑多の域を出ないもの。

生き物・漫画・オカルトあたりが中心で他のジャンルはまだまだ発展途上。

 

 

その中心3ジャンルでさえ、私の知識は足りなさすぎると自覚しています。

 

 

人生、あっという間に終わるんだから若いうちから何でもやりたいことをやった方が良い!

 

そんな言葉を耳がすり切れるくらい聞いてきましたが、そうは言っても結局どれだけ頑張っても時間だけは増やせません。

となると知識・技術・経験は広大なジャンル+その界隈で通用するレベルにすることは物理的に不可能なんじゃ・・・?

って今更思った次第です(((~_~;)

 

 

そんなの当然じゃん。って思いますよね。。

 

でもやっぱり最終的な理想は”広く深く”あらゆるジャンルの会話ができることが目標です。

 

 

周りの友達からはたま~に「篠虫って何でも知っているよね!」なんて言われたりもしますが、いやいやいやいや!!

 

私はあくまで博識「風」に話しているだけで、真の博識にはほど遠いんで!!

 

だって、1つの情報に関してその場の会話内に事細かく話したことなんてほぼありません。

 

大体、○世紀頃にこんな人がいて~

とか

確か○○って名前の人がこんなことをした~

 

 

詳しい人の会話には上記のような曖昧な要素はまずありません。

 

所々に不確定情報がちりばめられているのを補修しようとすると、その情報を反復で何度もin&outさせないといけません

 

しかし、他にも覚えたいことは星の数ほどある…

 

 

完全にジレンマですねー

 

 

 

長々としょうも無い私の話をしてしまいました。。。

 

 

ということで、知識や技術などを深めるには時間が必要、でも広く知るにも時間が不可欠。

 

よっぽど器用な人でない限り両立は難題過ぎます。

 

 

 

 

今は身の丈に合ったスピードで努力を重ねていきますか…!

 

 

 

それでは(。・_・)ノ