夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

【閲覧注意】残暑を吹き飛ばす 個人的オススメ『検索してはいけない言葉』Part.4

どうも皆さんこんにちは。

久しぶりにこのシリーズで書きました。

篠虫です。

 

 

今回は、検索してはいけない言葉第4弾です 

 

いつも通り、紹介した言葉の検索は自己責任・この記事は閲覧注意でお願いします!

 

 

 

前回までの記事↓

 

natuno-wunderkammer.hatenablog.jp

natuno-wunderkammer.hatenablog.jp

natuno-wunderkammer.hatenablog.jp

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

今回紹介する言葉は4つ!

いずれもホラー系ワードです。

 

 

では早速いきましょう!!

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.なぞなぞ、はじめました

 

とある女性が書いているブログがヒットします。

 

そこには彼女が訪れた旅先の写真と話が書かれており、記事の最後には検索ワード通り国に絡めた「なぞなぞ」が出題されています。

 

 

・・・とここまでは一見何の変哲もないブログに感じます。

しかし、いくつか記事を読み進めていくと次第に彼女の様子がおかしくなっていくことに気付きます。

それにしたがってなぞなぞの内容もちょっとずつ変化していき……

 

 

 

直リンクを張ることにしました

ホラー注意です!!!

 

 

「謎と旅する女」

 

 

怖くて見れない人はそのまま下へ。

ネタバレを紹介します。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

 

実はこのサイト、ゲーム制作会社(株)GTV代表を務める渡辺浩弐氏の作品の1つ、「2013年のゲーム・キッズ」という一話完結SF作品のコンテンツの1つなんです。

 

sai-zen-sen.jp

 

 

もう一つ「自殺」という、同じように仕掛けのあるコンテンツもあるので興味がある人は上のリンクから見てみると良いと思います。個人的にはこちらの方がまだソフトな恐怖かも?

 

 

 

www44.atwiki.jp

 

 

 

 

 

2.専用 脱毛

 

ただのエステ系ワードにしか見えませんが、意外なサイトがヒットします。

 

それが

 

幽霊専門脱毛サロン

 

です(~_~;)

 

 

まあ正直自分でも何を言っているのかよくわかりませんが・・・

 

どうやら幽霊の皆さんもなぜか女性が多いので、身体のむだ毛は気になるようです。

 

そんな幽霊のため専門の脱毛サロンがオープンしているみたいですが、地縛霊の方だけはお断りらしい(笑)

 

 

こちらもリンクを張っておきます。

↓もちろんホラー注意ですよ!!

 

 

【閲覧注意】幽霊専門の脱毛サロン ついにオープン!

 

下で解説をします。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

 

こちらのサイト、スクロールしていくと途中と最後に「生者の方はこちら」とう案内が出てきて、そこをクリックすると

 

脱毛口コミ!全部実際行ってみた本音のおすすめランキング

 

という「脱毛サロンのレビューサイト」が出てきます。

 

 

そう!「幽霊専門の脱毛サロン」は↑このサイトの宣伝目的に作成されたネタサイトなんです。

 

制作したのは知る人ぞ知るおふざけ企業「株式会社バーグハンバーグバーグ」と、以前このブログでも紹介した、ホラー系コンテンツ作成の「株式会社 闇」です。

(バーグ(以下略)のサイトはホラー要素無しですが、闇はホラー満載なので検索注意)

 

 

幽霊専門脱毛サロンはユーモアが多いのが良いですね。

ホラー要素が苦手な人でも少しは見やすいかも…?

オススメはしませんが(笑)

 

 

 

www44.atwiki.jp

 

 

 

 

 

3.ターボばあちゃん

 

検索すると1本の動画がヒットします。

 

内容は

動画はロケ番組の撮影中に起こった怪異という触れ前で進行する。
順調に撮影が進行していた中、タレントを載せたロケバスを謎の人影が高速で横切り、バス内に異音が鳴った。
気になってバスを止めると、フロントに謎の赤い手形が...。

撮影者たちは森へ向かい、人影を追うことにした。

すると撮影者たちは森で一人の老人を発見する。
老人は高速で動きながらカメラに向かって何かを叫び...?

 

ターボばーちゃん - 検索してはいけない言葉 Wiki - アットウィキ

 

 

動画を載せておきます。

一応注意ですが、今回の中で恐怖レベルは1番低く全体的に見てもかなり低いです(^_^;)

 


【兵庫の都市伝説】時速140キロで走るターボばあちゃんを遂にカメラが捉えた

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

 

動画を見ればわかることですが、

 

この動画はとある通信会社のCMで、

ターボばーちゃん並みに速い爆速Wi-Fi』という宣伝文句で自社のWi-Fiをアピールしたものです。

 

 

以前紹介した「雪道コワイ」と同様のワードですね。

 

怖さは雪道の方が数倍上ですが・・・

 

 

やはりホラーコンテンツで話題をつくり宣伝しようと思ったら、中途半端な物ではなく思いっきり怖さを追求したものの方が効果的だと思いますよー企業の皆さ~ん!!

 

 

www44.atwiki.jp

 

 

 

 

 

 

ふぁんしーあいらんど

 

今回紹介するワードの中で最も有名であり、最も怖いものです。

 

 

名前は「ふぁんしー」とついているだけあって、HPが可愛らしい猫耳の3頭身女の子のイラストが載っている明るい雰囲気です。

 

f:id:aryo643:20180831003008p:plain

 

 

しかし、それは単なる表の顔。

 

 

女の子にカーソルを合わせるとリンクがあります。

クリックをするとリンク先に飛びますが、そこには・・・・

 

 

ファンシーとはかけ離れたホラー&ビックリ&謎解き満載のFlashゲームサイトに早変わり!!

 

 

 

いざ中に入ると暗闇にこちらを睨む女性の顔だけが描かれた画像がいきなり現れる
ほかにもいろいろ行けるとこがあるがロクなことがないため、閲覧する際はご注意を。

所謂「かわいいサイトに見せかけて実はホラー要素しかないビックリサイト」系。
…が、最近は謎解きサイトに変化しつつある。(その謎もビックリだらけだが)
クリアするとイラストギャラリーの観覧が可能。肝に自信のある人は挑戦するのもアリ。

 

と、驚かせるため作られたビックリサイトが、更新を重ねるごとに謎解き要素がどんどん増えていったということなんです。

 

作者は、

 殆どに爆音が飛び出すビックリ系の演出がありますのでさらにご注意を。
実はPixiv絵師の『失踪管理人』というユーザーが作ったジョークサイトである。
サイト内の画像も全部、彼の自作のようだ。
現在でも年々更新されており、恐怖度とジョーク度が増していたりする。 

 

ふぁんしーあいらんど - 検索してはいけない言葉 Wiki - アットウィキ

 

 

非常に有名な「検索してはいけない言葉」なので、数多くの実況動画・攻略動画がアップされています

 

自分でプレイするのは怖い…そんな人はこうした動画を閲覧しても良いと思います。

 

 

正直、現在の「ふぁんしーあいらんど」を初見で完全クリアのは不可能なので、隠し要素含めてのクリアを目指す人は一度プレイしたあと、情報を得て再度挑戦するのがオススメです。

 

 

 

余談ですが、ふぁんしーあいらんどに登場するキャラのLINEスタンプもあるので興味がある人はぜひ。

 

 

 

 

↓直リンクです。度胸試しにぜひどうぞ!

女の子をクリックしない限り、何も起こらないのでご安心を

(女の子クリック後もどこかリンクをクリックしない限りは何も起こらないはずです)

www.lomando.com

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

 

おそらくこのシリーズは好きな人嫌いな人の差がはっきり分かれるものだと思っています。

 

検索してはいけない言葉の中には、ここに載せられないような本当の「検索してはいけない言葉」がたくさんあるのですが私判断でそういった言葉は載せないようにしています。

 

ある程度、安心してご覧いただけるようにこれからも意識していきます!

 

 

 

それではまた!

(。・_・)ノ

 

 

 

 

恐之本 コミックセット (SGコミックス) [マーケットプレイスセット]

恐之本 コミックセット (SGコミックス) [マーケットプレイスセット]

 

 

 

黒異本 (バンブーコミックス)

黒異本 (バンブーコミックス)

 

 

 

赤異本

赤異本