夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

綺麗&格好いい!でも注意は必要 『昆虫の魅力とは』 第4回 ~ハチ編~

どうも皆さんこんにちは。

記事制作に追われています…!

篠虫です。

 

 

今回は虫シリーズ第4回目、「ハチ」の話です!

 

 

前回までの記事

 

第1回

natuno-wunderkammer.hatenablog.jp

 

 第2回前編

natuno-wunderkammer.hatenablog.jp

 

 第2回後編

natuno-wunderkammer.hatenablog.jp

 

 番外編

natuno-wunderkammer.hatenablog.jp

 

 第3回

natuno-wunderkammer.hatenablog.jp

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

なにかと人からは嫌遠されがちな虫を1つ挙げろと言われれば、

多くの人が思い出すのが「ハチ」ではないでしょうか?

 

 

https://www.instagram.com/p/BflTy9JB6Mo/

オオスズメバチ /2018.2.13

冬眠中のオオスズメバチ。冬眠をするのは産卵能力を持った女王バチのみ。寒さには弱いので掘り出した直後は動きが鈍い。
でも触るときは注意が必要!

 

 

 

ハチとはハチ目の中で、アリを除いた虫の総称を指します。

ハバチ亜目の全てと、ハチ亜目のうちハナバチ、スズメバチがこれに含まれます。

 

 

主な共通する特徴

 

・ 翅が2対4枚あり、どれも膜質である。後ろの翅は前の翅より小さい。
・大あごが発達している。ただしミツバチなどのハナバチ類は大あごが小さく、花の蜜を吸うための器官が発達する。
・成長段階は卵→幼虫→蛹→成虫という完全変態をおこなう。
・メスの成虫には産卵管が発達するが、産卵管を毒針に変化させた種類がよく知られている。

 

ハチ - Wikipedia

 

 

 

ハチ目全体(アリを含む)では世界中で13万種が生息しています。

昆虫の中でも大きいグループの1つです。

 

 

 

それぞれの科については、話が長くなるので省きますが

一般的に「ハチ」と認識されているようなスズメバチアシナガバチスズメバチミツバチ類ミツバチ科に入ります。

 

成長は完全変態で、この形式の昆虫の中でもかなり昔から存在するグループだと考えられています。

恐竜と同時期前後(約1億年前)には生息・繁栄していることが化石からも確認されています。

 

 

 

生態

 

ハチの生態と聞くと、「大きな巣・たくさんの仲間と生活する」「社会性を持っている」「蜜を集める」などのイメージが強いですが、これはごく一部の種類の生態です。

 

実際は多様性に富み、大きく分けると植物質(蜜・葉など)を食べるものと動物質(昆虫・肉など)を食べるもの、社会性を持つもの(集団)持たないもの(単独)

いくつかの特徴で分けることが出来ます。

 

ハチの仲間全体で見れば、社会性を持つスズメバチやミツバチは全体の1割ほどで、残りは単独で生活しています。

狩りバチの仲間やハバチ、寄生バチの仲間がこれに該当します。

 

狩りバチは、特定の種の獲物を麻酔毒の針で刺し、仮死状態の獲物を巣穴に運ぶとそのまま卵を産み付けて餌にします。イモムシだけを狩るハチ、ゴキブリだけ狩るもの、バッタ類だけを狩るものなど色々存在します。

 

ハバチは、「葉」バチなので幼虫は植物の葉を食べます。園芸品種に依存する種は園芸害虫として関係者にい忌み嫌われています。成虫・幼虫共に見た目もあまりハチっぽくない種が多いです。

 

寄生バチは、主に他の昆虫の幼虫(もしくは成虫)に卵を産み付け、宿主が生きたまま内部を食べて成長する想像すると恐ろしいハチです。小型の種類から比較的大型の種がおり、木の奥深くにいるカミキリムシの幼虫に産卵するため、産卵管が身体の3倍ほど長い種もいます。

 

 

 

毒について

 

ハチを語る上で外せないのが、ですね。

 

刺されると痛みから始まり、血圧の低下、タンパク質の分解(=体組織の破壊)、そしてアレルギー症状などの諸症状が発生します。

 

 

特に注意しなければいけないのが、アレルギー反応のよるアナフィラキシーショック」ですね。

 

アナフィラキシーショックとは、身体の外から体内に入ってきた抗原物質に対して抗体が過剰反応してしまうことから起きるショック症状のことです。

症状は全身の蕁麻疹や腹痛などですが、最悪の場合死に至ることもあります。

 

ですが、アナフィラキシーショックが発生するのは抗体を作られた後、つまりハチに1度刺された後なので、2度以降刺されないように注意すればまず大丈夫です!

またショック症状はアレルギー体質持ちの人の方がなりやすいと聞くので、該当する方は特に注意してくださいね!

ショック - Wikipedia

スズメバチ - Wikipedia

 

 

 

 

 

・・・とは言いつつも、何万種とハチがいますが、

 

 

毒を持つのはごく一部のハチだけ

 


なんです!

さらに言えば、毒針を持つのはメスだけなんです!
これは毒針の進化に答えがあります。

元々毒針は”産卵管”が変化したもので、オスは初めから産卵管を持っていないために毒針を持っていないんですね!

 

 

 

そもそも多くの毒を持つハチは積極的に人を襲って刺すことはありません!

 

人間側が彼らの領域に踏み込み、テリトリーを侵したり巣に被害を与えたとき、自分たちを守るために刺すんです。

完全にハチの正当防衛なので、むやみやたらにハチを嫌悪したり駆除したりはしないでくださいね!!!

お願いしますm(_ _)m

 

 

 

スズメバチの対象方法

 

それでも運悪くハチに刺されてしまうことはあります。

 

毒の強さ・攻撃性の高さで有名なスズメバチ秋口から子育てが本格化し始め、巣を守るために警戒心と攻撃性の高さが増します。

行楽シーズンで野山に行くときや近所の公園に行くときも近くにスズメバチがたくさん飛んでいないか、巣がないか注意しましょう!

スズメバチ木の上・軒下等の日陰・木のうろや穴・地面にも巣を作ります。特に地中の巣は見つけにくいのでうっかり踏まないように気をつけましょう!!

 

万が一スズメバチが近くにいても手で払ったり騒いだりせず、速やかにその場を離れましょう。追いかけられたら、姿勢を低くしたり急旋回して振り切りましょう。

なぜならハチはその特性上、飛行中に急旋回出来ないためです。

 

 

 

 

 

最後は恒例の、私撮影の写真でハチの良さを伝えていこうと思います!

冒頭のオオスズメバチは特に格好いい種だと思います!!顔つきがいかつくて、どこか仮面ライダーのようにも見えます(笑)

 

色合いも黄色やオレンジといった鮮やかな色彩ですよね!

これは自然界で「毒を持ってるぞ!」という警戒色なので、森でも目立ちます。そのため多くの昆虫がハチの仲間に擬態をして身を守っています。

 

 

 

種類数は相変わらず少ないですが、少しでも色々なハチを知っていただければうれしいです!

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BWsD1RehyRi/

ムモントックリバチ? /2017.6.29

トックリバチの仲間。

巣の形が陶器の「トックリ」に形が似ていることが由来。ハチも胸部と腹部をつなぐ部分が細くくびれているため、巣の形同様この仲間だとすぐわかる。

 

 

https://www.instagram.com/p/BUwLcz0hGZT/

ダイミョウキマダラハナバチ /2017.4.27

ハナバチの名の通り、主に花に集まる仲間。

アブにも似ているが、どちらかと言えばアブがハチを真似していると考えられている。

身体は比較的小さく、飛翔速度も早い。

 

 

https://www.instagram.com/p/BUqeu70hbvJ/

オオスズメバチ(女王) /2017.4.27

冬眠から明けてまだ早い春の時期、樹の樹液を皮をかんで吸っているところ。

食事中のハチはかなりおとなしい印象があるが、周りのことは常に警戒している。

 

 

https://www.instagram.com/p/BTV9CjdhmOf/

アシナガバチ /2017.4.14

アシナガバチは身近で最も多く見かけるハチの1種。

飛ぶときに後ろ脚がダラッと下がっていることが特徴。よくいるが毒を持っていて攻撃性もあるの近づくときはで注意!

民家の軒下など雨風をしのげる場所によく半球状の巣を作る。

 

 

https://www.instagram.com/p/BIiDqwdgGWP/

マルハナバチの仲間 /2016.7.27

巣穴から顔を覗かせている。身体がわからないため同定は難しい。

この仲間は竹の中に巣をよく作る。卵を産み付けた花粉や蜜の団子を小部屋に分けて子供を育てる。

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

 

 

ハチは危険なイメージがついてまわる虫ですが、その印象を払拭できたらこの上ないです!

次はどんな虫にしましょうかね~

 

 

それではまた!

(。・_・)ノ

 

 

 

 

蜂と蟻に刺されてみた―「痛さ」からわかった毒針昆虫のヒミツ

蜂と蟻に刺されてみた―「痛さ」からわかった毒針昆虫のヒミツ

 

 

 

ハチハンドブック

ハチハンドブック

 

 

 

蜂からみた花の世界―四季の蜜源植物とミツバチからの贈り物

蜂からみた花の世界―四季の蜜源植物とミツバチからの贈り物