夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

カワイイ×?なテーマ! ファッションブランド「CUNE」

どうも皆さんこんにちは。

この間のバンクシーの記事がやけに人気でした。うれしい限りです!

篠虫です。

 

 

今回は、珍しくファッションのお話です。

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

私は昔からあまりファッションに興味がなく、この年になってもボロボロだったりあまりに派手でなければ、身につけるものにこだわりはありません

 

もちろん好みはあるので、着ないタイプの服もあるんですが自分で買うことも滅多にないんですよね。

 

 

そんな私が最近はまっているのがCUNEというブランドの服です。

 

f:id:aryo643:20180726085216j:plain

CUNE©のロゴマーク

 

デザイナー安田裕紀氏による1994年から始まった、

主にネットと実店舗でオリジナルブランドの衣服・アクセサリー・小物類など多様な商品展開をしている日本のファッションブランドです。

 

 

ですが、このCUNE、一癖も二癖もあるんですよ。

 

公式HPの「コンセプト」にはこんなことが書かれています。

 

 

CUNEが作っているものはファッションではありません。モードでもありません。
あえてたとえるなら「かろうじて服」といったところです。

自分たちが作りたいものを作っています。
ですが、それが自分で 着たいもの、欲しいものとは必ずしも一致しません。

誰が着る、誰に着せたい、どうコーディネートする、といったことは一切考えていません。

買わなくていいです
やっていることを遠くから見守っていてください。

ABOUT|CUNE

 

非常に変わったコンセプトですね(笑)

 

 

売ることよりも、似合うかよりも、自分たちの作りたいものを作る。

周囲に流されない姿勢はかっこよく感じてしまいます。

 

 

実際商品はどんな感じかというと、

f:id:aryo643:20180726085542j:plain

 

 

f:id:aryo643:20180726085613j:plain

 

f:id:aryo643:20180726085636j:plain

 

f:id:aryo643:20180726093702j:plain

 

f:id:aryo643:20180726093930j:plain

 

 

いたって普通な、ロゴキャラのうさぎを利用した衣服を中心に制作・販売しているんです。

また初音ミクドラゴンボールなど有名キャラクターとのコラボ商品も数多く制作しています。

 

 

f:id:aryo643:20180726085851p:plain

ロックマンコラボ



 

ここまで見ても至って普通な?ブランドに思えます。

 

 

が!

 

 

CUNEの本気はここからです。

 

毎年春夏・秋冬ごとにテーマを決めて新作展開をしているんですが、今年春夏のテーマはなんと「蟹の裏」です。

 

 

なにそれ?と言いたくなりますが、商品を見てみると納得です。

 

 

f:id:aryo643:20180726091314p:plain

 

PRODUCT|CUNE



f:id:aryo643:20180726092300p:plain

 

f:id:aryo643:20180726092311p:plain

 

f:id:aryo643:20180726092334p:plain

 

f:id:aryo643:20180726092357p:plain

 

f:id:aryo643:20180726092323p:plain

 

f:id:aryo643:20180726092240p:plain

 

本物の蟹の裏の写真をプリントした商品や袖が合計8本もあるジャケットなんかが販売されています(^_^;)

 

過去のテーマは以下の通りです。

 

2008年S/S
「オーストラリア」
2008年A/W
「TEXAS」
2009年S/S
「腸」
2009年A/W
「THE MOVIE」
2010年S/S
「白目」
2010年A/W
「YES I KNOW」
2011年S/S
「餃子」
2011年A/W
「川崎」
2012年S/S
「台車」
2012年A/W
「腸と白目」
2013年S/S
「気持ち悪い」
2013年A/W
「キャベツの芯」
2014年S/S
レーザープリンターゴリラ」
2014年A/W
バルサン®」
2015年S/S
「古いパン」
2015年A/W
「猫の口の上の膨らんだところ」
2016年S/S
「生肉 IN THE SKY」
2016年A/W
「馬に引きずられた人」
2017年S/S
「室外機」
2017年A/W
「くず野菜と死んだ甘エビの蒸鶏 ステンレス製のネジを添えて」

 

どれもインパクトは非常に強い代わりにアクも強いテーマばかりです。。。

 

ですがこれらがCUNEブランドの特徴でもあります。

 

 

 

またオンラインストアの商品ページカテゴリーも面白いですよ。

f:id:aryo643:20180726092247p:plain

 

「普通」や「再入荷」など一般的な言葉の他、

「こんなはずでは」「謎」「おすすめしない」「おすすめ(ガチ)」

といった個性的なカテゴリーが存在します。

 

「こんなはずでは」ページには冒頭に、

 

「売れると思ってたくさん作ったのにあまり売れないものを集めたコーナーです」

とまさに”こんなはずでは”な商品が置いてあります。

 

こんなはずでは商品一覧|NEW CATEGORY(ニューカテゴリ) | CUNE ONLINE STORE



 

「謎」コーナーにはこんな商品も。

f:id:aryo643:20180726093501j:plain

Previous Next サザエの蓋リング ¥2,700(tax included) 2013S/Sに復刻したサザエの蓋リング。2003年頃に行った伊豆の社員旅行の時に食べたサザエのフタを、そのまま原型として商品化。サザエの中身の緑のぐるぐるしたところがすごく気持ち悪いので、コレクションテーマ「気持ち悪い」に合わせてボタンになったり指輪になったりしました。10年越しの復刻を果たすも全く売れなかったリングです。側面にはブランド名とウサギが刻印されています。(商品説明から抜粋)



f:id:aryo643:20180726094026j:plain

ステンレスの四谷 ¥44,444(tax included) オンラインストア4周年を記念して作られたステンレス製の四谷。ステンレスで新宿区四谷をかたどりました。裏面にはウサギとロゴをレーザーで刻印しています。四谷三丁目駅新宿駅あたりに穴が2箇所あいているのでヒモやチェーンなどで吊るして飾ったり鑑賞できます。専用桐箱付きです。切り口が非常に鋭利なので取扱にはご注意ください。(商品説明から抜粋)

 

ちなみにこのサザエの蓋リングステンレスの四谷は現在完売しています(^_^;)

 

他にも面白い商品がたくさんありますので、お気に入りを探してみるのも良いかもしれません。

謎商品一覧|NEW CATEGORY(ニューカテゴリ) | CUNE ONLINE STORE

 

 

 

ここまで紹介してきて、買いたい!と思ったそこのあなた!!

 

CUNEの商品はオンラインストアか、以下の実店舗

 

store.cune.jp

 

CUNE®下北沢
東京都世田谷区北沢3-30-2

CUNE®原宿
東京都渋谷区神宮前4-28-22 B1

CUNE CUNE®吉祥寺
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-3 KMNビル1F

CUNE®福岡
福岡県福岡市中央区今泉1-19-11

 

もしくは委託販売店がいくつかあるので、お近くの店舗を調べてみてください!

 

 

Twitterも各店舗ごとにあって、商品説明同様、遊び心満載で面白いのでどうぞ!

 

 

公式サイト

www.cune.jp

 

公式ブログ

CUNE NEWS BLOG

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

 

ファションの話はもう二度とブログでしないかもしれません(笑)

CUNEのことは今後もなにかあれば話していくかも知れません。

それも反響があればですが…

 

 

それではまた!

(。・_・)ノ