夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

遊び心満載の続編! Fateシリーズの世界 第二章~ファンディスク~

どうも皆さんこんにちは。

 最近ゲームはスマホゲームばっかりやってます…

篠虫です。

 

今日は『Fate/hollow ataraxia』を紹介&プレイ感想を話していこうと思います!

 

 

前回記事 

natuno-wunderkammer.hatenablog.jp

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

f:id:aryo643:20180712222556p:plain

Fate/hollow ataraxia』スタート画面



 

 『Fate/hollow ataraxia』とは2004年に発売された前作『staynight』の正当な続編といういわばファンディスクとなっています。(販売はもちろんType-moon)

 

しかし!ただのファンディスクではなく、ストーリーは、最終エンディングは一つですが重厚で面白い!

 

あらすじは、

聖杯戦争が終わって早半年。冬木の街には平穏が訪れていた。主人公衛宮士郎は相変わらず、セイバー遠坂凛間桐桜ライダーイリヤ、そして藤ねえ達と穏やかな日々を過ごしていた。しかし、ある時サーバント達は違和感を覚える。お互いに敵意を感じ倒さねばならないという義務感がわき上がったきたのだ。そう、聖杯戦争の時のように。だが士郎を含め、どのマスター・サーバントも戦うつもりはなく今のまま生活を望んでいた。士郎は一人、夜な夜な街に起きる”異変”の調査に乗り出すが…?

 

と、かなりざっくりですがこんな感じです。

 

 

話は前作と続いており、第5次聖杯戦争後の冬木の街を舞台とした、”日中”のマスターとサーバント、そして住人達の日常が描かれています。

 

 

・・・ここでFateシリーズを知っている人からすると不思議な点があると思います。

 

それは、なぜ聖杯戦争が終わったのに敗北したサーバントまで顕界したままなのか?

 

ということです。

 

通常聖杯戦争のサーバントは、マスターの敗北or死、サーバントの霊器消滅、聖杯戦争の終了によって、この世から元の「座」まで戻るのですが、なぜかこの「ホロウ」の世界では全員が顕界したまま、各々の平和を満喫しています。

 

ここが今作の謎を解く大きなポイントになります。

 

もう一つ大事なところが、

軽くネタバレになりますが、4日間を繰り返しているという点です。

 

これはこの街だけが全員記憶をリセットされ、同じ4日間をループしている状況です

ここがこのゲーム一番のポイントになるので、クリアするまでメインストーリーが進むまでひたすら繰り返します。

なぜループしているのか、それを解く鍵は「」、そして「8人目のマスターと8人目のサーバント」です。。。

 

あとは皆さんが真実を確かめてください......!!

 

 

他にも面白いポイントがありますよ!

 

メインストーリー以外にも、『staynight』では描かれなかったサイドエピソードや新情報も盛りだくさんです! メタネタ、自虐ネタ、シリアス、水着回や新キャラ、18禁エピソードも!

新立ち絵も大量に追加され、一枚絵も新規で書き下ろしが多数組み込まれています!

これだけでもうれしい楽しいですが、まだあります!

 

なんとミニゲームがついているんです!!

 

花札ゲームになっていて、しかもオリジナルルールで使用キャラにより様々な特殊能力や宝具が使えて、場を一気にひっくり返すこともできるんです。

 

こちらにも各キャラグループごとにストーリーがあり、全てクリアすればなにかあるかも...?

ちなみにフリープレイモードもありますよ~

 

 

さらにさらに、おみくじコーナーもあるんです!!!なぜ?

遠坂神社が創建されており、巫女服姿のセイバーと凛、そして宮司姿のアーチャーが待っています。

 

おみくじを引くと、いろいろな立ち絵だったり没イラストや販促イラストの画像とそれらに対する3人の解説があります。

 

神社では壁紙も手に入りますよ!

 

 

 

いろいろゲーム内容について語ってきたので、もう大して話すことはないんですが一応最期に感想を…

 

 

プレイしたのが去年の11月、一気に1週間でプレイして全クリ(ミニゲームおみくじ壁紙等隠し要素も)しました(^_^;)

 

そんなに急いでやったのは、とにかく面白かったからです!それに尽きます。

ぶっちゃけ話は相変わらずの文章量と心理描写で、やや読み解きにくかったのですが最期には泣けました。。。

 

ハートフル面、コメディ面、シリアス面・・・そうしたストーリーの移り変わりを見ながら読んでいると、確かにこの中に彼らは生きているんだな、って思わず思ってしまうような生活感のようなものを感じました。

 

・・・こんなこと言っていると重度のオタクっぽいですが、私はちゃんと現実非現実の区別はついていますからね!(~_~;)

 

 

とにかくストーリーに関しては、長すぎる&私の文章力では語り尽くせないのでこの場での言及はやめておきますが、ぜひ興味がある人にはやって欲しいです!ほんとうに!!

 

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

 

いつも以上にあんまり有益な記事ではない気もしますが、まあたまには良いでしょう() 

 

興味のある人が読む、もしくはこれから興味を持つかも知れない人が読んでくれれば、私のブログは救われますので!!!

 

 

 

それではまた!

(。・_・)ノ