夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

ただただ好きなアーティスト話 B'zが好きです

どうも皆さんこんにちは。

今日はこれまでとは少し毛色が違うかも?

篠虫です。

 

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

(個人的に)ほとんどの現代人には自分の好みの音楽楽曲アーティストがいますよね。

毎年何組もの新しいアーティストがデビューして、引退・解散しているのを考えると、10年、20年と続けられている方々はすごいんだなと思います。

 

私は昔から特定の、ファンです!と自負できるようなアーティストはいなくて、良い曲だな~と思ったら聴く感じなんです。

 

 

そんな私なんですが、一組、好きなアーティストを挙げろと言われれば必ず『B'z』と答えています。

 

 

初めてB'zと出会ったのは小学4,5年生の頃、母の運転する車内は大体MD(懐かしいですね)で音楽をかけていたんですが、その収録されていたものにB'zの『B'z The Best "ULTRA Pleasure" -The First RUN- 』でした。

 

 

B’z The Best“ULTRA Pleasure”(2CD)

 

 

このアルバムはもう数百回は聴いているのですが、いくつも他のアルバムを聴いているんですけど、今でも一番完成度の高いアルバムだと思わずにいられません!!

 

思い出補正もあるとは思いますが、それ抜きでも良い曲ばかりです。

 

そもそも収録曲が、

 

ディスク:1
1. BAD COMMUNICATION -ULTRA Pleasure Style-
2. BE THERE
3. Easy Come,Easy Go!
4. LADY NAVIGATION
5. ALONE
6. ZERO
7. いつかのメリークリスマス
8. 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
9. 裸足の女神
10. ねがい
11. love me,I love you
12. LOVE PHANTOM
13. ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
14. Calling
15. さまよえる蒼い弾丸

 

ディスク:2
1. HOME
2. ギリギリchop
3. 今夜月の見える丘に
4. juice
5. ultra soul
6. 熱き鼓動の果て
7. IT’S SHOWTIME!!
8. BANZAI
9. 愛のバクダン
10. OCEAN
11. 衝動
12. SPLASH!
13. 永遠の翼
14. SUPER LOVE SONG
15. Pleasure 2008 ~人生の快楽~

 

 

という、ドラマや映画、アニメタイアップ曲が多く、そのどれもがヒットした人気曲ばかりだからです!

 

私的にはあらゆるアーティストのアルバムの中で、唯一全曲好きな曲で構成されたアルバムなんですよ!

あまり知らないアーティストの曲を知りたい時、大抵いつも適当なアルバムをレンタルしてきて一通り聴くのが日常なんですけど、普通気に入る曲は十数曲中、1~4曲しかありません。。。

だからこそ、このアルバムのすごさがわかってもらえると思います!

 

 

全曲好きなので、アルバム収録曲の中から一番好きな曲を選ぶのはすっごい難しい質問なんですが、ディスク1の14曲目、『Calling』はシングル発売日が実は私の生年月日と全く同じなんですよ!!

これを知ったときは、何か変な力が働いているのでは…?なんて思いもしましたが、より『Calling』を好きになりましたね~。

 

 

ここまで、結構前の一つのアルバムの話をしてきましたが、当然最近の楽曲も定期的に聴いていますよ!

 

Still Alive』、『フキアレナサイ』がこの1,2年だと個人的お気に入りですかね。

『Still Alive』はTBS 系 日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』、『フキアレナサイ』は映画『疾風ロンド』の主題歌になっていますね。

 

 

声明 / Still Alive (初回限定盤)

 

まあその2曲以外のシングル収録曲も、缶コーヒーのCM曲『声明』と『名探偵コナン 純黒の悪夢』の主題歌『世界はあなたの色になる』なので、良い曲ばかりなのは当然ですね。

 

 

っと、あまりB'zの魅力は語られていないですが、一応私個人の話がコンセプトのブログなので(?)、稲葉さん、松本さん、ご容赦を……

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

 

今回は私の好きなアーティスト、というよりも楽曲の話、というよりも単なる思い出話みたいな感じでしたが皆さんの暇つぶしにでもなっていれば良かったです(笑)

 

このシリーズの次回はいつかあると思いますが、今のところ『サザン』を書く予定です!

 

 

 

それではまた~

(。・_・)ノ