夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

賛否両論! Youtuberとして生きていくことについて

どうも皆さんこんにちは。
まだ書くことに慣れていない篠虫です。






―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



今回はタイトル通り、ここ数年で一般にも広く浸透した「youtuber(ユーチューバー)」について色々話していこうと思います!




・・・とは言いつつも私はあの「HIKAKINN」さんや「はじめしゃちょー」さんら、有名ユーチューバーさん達の動画を一度も見たことがないんですよね笑
ある程度の人たちのことは名前は知っているんですけど、とある理由からずっと見ていないままなんです。


その理由というのが、

「まともな人じゃなさそう」
「つまらなさそう」

この2つなんです!!

いやいやいやちょっと待てという人も大勢いるでしょう。見たこともないくせに貶すんじゃねえ!みたいに。

でも私と同じ考えが理由で、ユーチューバーの動画を見たことがないという人は意外とたくさんいると思うんです!
もちろんそうした意見は私の偏見から生まれた物であり、ユーチューバーやそのファン達を非難するものではありません。
こういう風にフォローをしないとどこから炎上するかわからないですからね


ではそろそろ本題入っていきますね。

そもそも「ユーチューバー」とはどういう人たちにことを指すのか、一度そこから説明していきましょう。(今回に限らずですが、注釈や引用元が示されていない場合、私の説明は基本的に「私個人の」見解であり、間違った情報も多々含まれている可能性があることはご理解ください。また間違いに気がついたらご指摘いただけると幸いです。)

ユーチューバーとは、動画サイト「Youtube」に動画を投稿し、その動画に貼り付けて広告収入によって生計を立てている人々のことを指しています。ここでネット関連について知識が全くない人からすれば、「なぜ生活できるほどの広告収入がもらえるの?」といった疑問が生まれるかもしれません。

現実問題、「ユーチューバー」の中で動画投稿だけで生活ができている者は、ごくごく一部の人たちだけです。
Youtube」の動画広告は主に各企業が広告元となっており、広告を動画に貼るためには「Youtube パートナープログラム」の規定(投稿動画の総再生回数が一定以上必要など)に合格する必要があります。

さらに動画広告の収入は再生回数に比例しています。確か1再生辺り0.1円ほどとなっています。
つまり100再生で10円、1000再生で100円、1万再生でようやく1000円になるのです!

また再生回数を稼ぐには自分のアカウントを定期的に覗いてくれる人、フォロワー(「Youtube」的には登録者数)を増やしていかなければなりません。もっともこれは面白い動画を挙げていれば自然と増えていくのですが…

ここまで聞けば、「ユーチューバー」として生きていくことがどれだけ大変であるかがよくわかると思います。


たとえ1動画につき10万再生を達成できるほどの実力があったとしても、それが月に1本であれば月収1万円であるため当然生活は厳しいですよね。
実際におおくの有名ユーチューバーの皆さんは毎日1本、人によっては複数のアカウントで1本ずつ投稿している人もいるほどです。

そうした努力により収入がようやく余裕ある生活ができるほどになったとします。
ですがここで安心してはいけません。なぜならこの先、ずっと毎日1本以上動画を作り続けなければいけないからです!!!


考えてみてください。
あなたがとあるネタを思いつき、1つの動画を投稿します。
するとその動画は大当たり!なんと1日で30万再生を達成、登録者数は3000人も増えました。

さて、次の日せっかく自分のアカウントを登録してくれて動画を楽しみに待ってくれる人がいるのだからとネタを考えます。
昨日投稿した動画のネタに近いものをアップしました。しかし、投稿した動画は10万再生ほどしかいきませんでした。
さらに次の日、全く違うネタで動画を投稿したがいまいち受けず、5万再生ほどにしかならず
加えて登録者数も2000人減ってしまいました…


と、ここまで極端なことはないと思いますが、視聴者側は「面白いもの」かつ「斬新なもの」を常に求めているのです。
特にここ数年の若者文化を中心とした社会全体の傾向として、供給側も需要側も「斬新なもの」を求めすぎている部分があります。(このことはそのうち取り上げます)
そして流行はいつの時代も長くは続かないのです。継続して「面白」く「斬新」な動画を提供し続けていかなければ、ユーチューバーとしてご飯を食べていくなんて夢のまた夢です…(´・ω・`)


好きなことを好きなようにやって、それで生きていく。「Youtube」のキャッチコピーにも似たようなことが書かれていましたが、実現するにはそれ相応の努力と苦労が不可欠なんです。私も自分の好きなことをやって生きていきたいなとつくづく思うのですが、簡単ではないことも重々理解しています。


なので、いつまでこの「ユーチューバーバブル」が続くのかはわかりませんが、今ユーチューバーをやっている人もこれからやりたいと思っている人も、覚悟を持って頑張っていって欲しいです!



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


さて、いかがだったでしょうか?



今回は「ユーチューバー」について話しましたが、今度はバーチャル・ユーチューバー略して「Vtuber(ブイチューバー)」に焦点を当てた話もしたいですね。勢いはいまやこちらの方があるかもしれませんし。




ということで今回はここまで!
それではまた~!(。・_・)ノ